mogoo|おいしいものをモグモグぱくぱく

おいしいものをモグモグぱくぱく

10月31日は「出雲ぜんざい」の日!縁結びの神様にあやかろう♡

 

f:id:affmk253:20170823194548j:plain

 秋も深まり、日に日に涼しくなっていきますね。
そろそろ、あったか~いスイーツが恋しくなる季節。そこでご紹介したいのが、心も身体もあったまる「ぜんざい」です。

www.instagram.com

ピンクと白、2色のお餅が入ったこのぜんざい、とっても可愛いですよね。 こんなキュートなぜんざいが食べられるのは、島根県の出雲地方。 実は出雲のぜんざいは、恋愛成就につながる「縁結びスイーツ」として、近年人気を集めているのです。
そして、10月は出雲にとって特別な月。 縁結びの神様とも関係が深い、出雲ぜんざいのエピソードを紐解いていきましょう。 甘いものと恋バナが大好きな女の子、必見です!

ぜんざい発祥の地=神様の国「出雲」

f:id:affmk253:20170823194755j:plain

10月のことを「神無月(かんなづき)」といいますよね。
これは読んで字のごとく、「神様がいない月」であることを意味します。

旧暦の10月には、日本全国の神様が出雲地方に集まって、「神在祭(かみありさい)」という神事がとり行われます。つまり、全国の神様が出雲に出張していなくなってしまうので、10月のことを「神様がいない月=神無月」と呼ぶようになったのですね。(出

 

雲だけは反対に、「神在月(かみありつき)と呼びます)

その神在祭というお祭りでは、「神在餅(じんざいもち)」という食べ物が振る舞われました。
何を隠そう、これが「ぜんざい」の始まり。
出雲には出雲弁(ずーずー弁)と呼ばれるお国言葉があり、「じんざい」がなまって「ずんざい」→「ぜんざい」になったとか。

その後、ぜんざいは京都に伝わって広まったとされていますが、ぜんざいが出雲発祥であることは、江戸時代の文献「祇園物語」などにも記されているのです。

「出雲國に神在もちいと申事あり。京にてぜんざいもちいと申ハ。これを申あやまるにや。10月にハ日本國の諸神ミな出雲國にあつまり玉ふゆへに。神在と申なり。その祭に赤豆をにて汁をおほくし。すこし餅を入まいらせ節々まつり候を。神在もちい申よし。」(祇園物語より抜粋)
 

縁結びの願いを込めて♡

f:id:affmk253:20170823194939j:plain

出雲大社の神様「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」は、「縁結びの神」と呼ばれていますね。
この信仰は古く、日本の神話に由来します。

大国主大神は日本という国を造った神様であり、全ての神々を率いてこの国を守ることになったというお話が、日本書紀に記されています。
いわば大国主大神は、神様の中の神様。
というわけで、10月には日本中の神様が大国主大神のおわします出雲の地に集まり、人々の縁組みについての会議を行うようになったといわれているのです。

つまり、10月(旧暦)は日本の神様たちが、「誰と誰をカップルにしようか」と話し合う月。
ぜんざいは、そんな神事で振る舞われた伝統食なのです。
これを「恋のスイーツ」と呼ばずして何と呼びましょうか。
「わたしとあの人の縁を結んでください」という願いを込めて、ぜんざいを食べたくなっちゃいますよね。 

10月31日は「ぜんざいの日」

f:id:affmk253:20170823195034j:plain


出雲では、「出雲ぜんざい」の文化と歴史を広く伝えていこうと、さまざまな取り組みが行われています。
「1031(ぜんざい)」という語呂合わせから、10月31日を「出雲ぜんざいの日」に制定したのもその一つ。
2007年に、日本記念日協会に認定されました。
さすが発祥の地だけあって、出雲には、ぜんざいが食べられる甘味屋さんや飲食店がたくさんあります。出雲ぜんざいは塩加減が絶妙で、甘みと塩気のハーモニーが味わえるのが特徴なんですって。

www.instagram.com

 


近年は 「縁結びスイーツ」として注目が高まっていて、ピンクと白、2色の白玉団子やお餅を入れたぜんざいが、出雲ぜんざいの定番になりつつあるようです。可愛いし、紅白で縁起が良いからいかにもご利益がありそう♡
10月には、あなたも小豆たっぷりのあったかくて甘~いぜんざいを食べてみてはいかがでしょうか? もちろんそのときは、縁結びの神様にあやかって、恋愛成就をお願いするのもお忘れなく。